ビジネスにおける「トライアングル(三角)」関係及び具体的な人材配置について

人間関係は相手と自分の相性だけである。→ ×

日常生活で誰かとの直接の会話が成立するケースは多くの場合2~3人までです。

 特に、2人の間の会話で、3人目が登場することが非常に多いものです。

また、日本の古くからの諺(ことわざ)で、「三人寄れば文殊の知恵」というものがありますよね。

これは誰でも知っている有名な諺ですが、平たく言えば、「3人集まれば、画期的なアイディアが生まれやすい!」ということでしょう。

しかし、私はこの諺の意味はこれだけではないと思っています。

どういうことかというと、「世の中の多くの事は、2人よりも3人以上いた方が実現しやすい」ということです。

ビジネスの場においては、特にこの図式は顕著であります。

例えば今、あなたが、組織に存在するある「問題」(例えばどこにでもいる困った人であってもいいし、残業時間が長いことでもいいし、福利厚生が悪いなどでもいいだろう)を認識しているとしましょう。

この問題について、例えば一人だけで直属の上司に提案して改善を求めたところで、大方の場合、「気持ちはわかるが、あなたの側にも問題はあるかもしれないし、あくまで一個人の認識だろう。話だけは聞いておく。」と言われ、取り合ってもらえないこともあるでしょう。

しかし、同じ問題を共有する2人で、直属の上司に直訴してみたらどうなるでしょうか?

上司は、その事柄を2人以上が認識しているという時点で、「より客観性の高い問題である」と判断してくれる可能性が高くなりますね。

よって、解決に向けて動き出してくれることが期待できます。

この「問題」という言葉を、「あなたが温めている企画案」や「属している組織の目標」に置き換えてみてもいいでしょう。

このように、組織の「問題」や「企画」や「目標」は、2人から始まって、3人の構成メンバー(トライアングル関係の形成)で少しずつ実行していけば、どんどん実現に近づいて行きやすくなることが分かります。

その連鎖(ネクストトライアングルの形成)を繰り返すことで、小規模から大規模組織まで、下の階層から上位階層へと目標実現が容易になってくるのです。

そして、この1人だけの認識事項を、2人の共通認識事項、さらには3人の共通認識事項へと広げていく過程において、「宿曜」の理論が生きてきます。

つまり、あなたが2人目の協力者を探す場合、あなたと相性の良くない「安壊」の「安」、「友衰」などの関係性をもつ相手は避けた方が無難です。

そもそも、その相性の相手とは理解が得られにくいだろうし、得られたとしても、不可抗力的な障害が発生し、あきらめざるを得なくなる可能性が高いです。

逆に言えば、最初の協力を取り付ける相手には、それ以外の関係性をもつ宿、中でも例えば、

  • どんなケースでも発展が期待できる「栄親」関係の人
  • 損得抜きで自分に尽くしてくれる「業胎」の「業」にあたる人、
  • 同志として付き合ってくれる「命」にあたる人
  • なんとなく相性は良くなさそうだが、自分の思い通りに文句を言わず動いてくれる「安壊」の「壊」に当たる人
  • 独りよがりな考えにならないよう、反対の立場から意見をもらえる「成危」の関係性の人(特に自分にとって「危」に当たる人は頼みごとを引き受けてくれやすいでしょう)

などに依頼するのが有効です。

このような相手に恵まれ、見事協力を取り付けたならば、次は、その目標を現実的に達成していくための、より権限や高い位を持つ「3人目の協力者」を探す段階に入ります。

探すと言っても、ビジネスの場合、この時点で協力できる者はほぼ決まっています。

おそらくは直属の上司か担当部署の責任者、取引先の担当者などでしょう。

従って、3人目を自由に選択する余地は限りなく少ないと思われるので、次の一手としては、ほぼ決まってくるその「3人目」の人間がどの「宿」に属するかを判定する必要があります。

この為には、相手の「生年月日」を知ることが必要となります。

ビジネスの場において、相手の生年月日というものは、組織の下層部にいるほど、把握が難しいものです。

中堅管理職以上であれば、経歴書などから部下の生年月日は比較的容易に知りうることができますが。

そこで、この際、視点を変えて一計を案じてみましょう。

第3章 3人目の相手の「宿」を知るための、「生年月日」の把握方法について

①経営者・管理者の場合

 構成メンバーの経歴書や履歴書などから、相手の生年月日を知ることは比較的容易でしょう。

②そうでない場合

そうでない場合については、言葉は悪いですが、いわゆる「いろんな裏技」を駆使して入手することとなります。

これは私が今までに用いた例です。

あなたの組織上の立場や、属する組織の形態、雰囲気などから柔軟に取り入れていただけたらと考えます。

最近は「個人情報」の重要性が声高に叫ばれているから、生年月日データの入手にあたっては慎重に行動して下さいね。

(1)直接聞く

相手と親密な関係が築けているなら、直接聞くのが一番手っ取り早いです。

 「〇〇さん、何月何日お生まれですか?私と幾つ違うのかしら・・・」などと尋ねれば、よほどの変わり者でない限り気軽に答えてもらえるでしょう。

(2)「お誕生会を開きたい」と言って誘う

例えば、「今年1年のメンバーで、該当する誕生月にお誕生会を開きませんか?」などと聞いて、月日だけでも抑えてしまえばよい。何年生まれかはその後の日常会話の中で把握する。実際にお誕生会を開催するかはその後の流れにお任せします。

(3)「占いが趣味だからと」言って教えてもらう

参考データを取りたいからと言ってお願いする。

これは意外と応じてもらえる。その場で占い結果を本人にフィードバックしてあげるとなお協力が得られる。

(4)フェイスブックなどSNSで把握する

 これについては、過度な閲覧行為はプライバシー侵害だと言われてしまうかもしれないが、「〇〇さんてフェイスブックやってますか?」と尋ねるくらいは特に問題もないでしょう。

 公開していれば100%把握可能です。

それでも把握できない場合

その場合には相手の言動をよく観察し、本書に解説した各宿の特徴と照らし合わせ、相手の宿を特定してください。

これは難しいようで、意外と簡単な場合もあります。

そもそも、何か目標を一緒に遂行していくのですから、働きかける前に、相手の人間性については誰もがある程度想定してから臨むものです。

相手の宿を特定しようとして相手を観察する努力は、いずれあなたの「洞察力」や「人を見る目」を向上させることでしょう。

具体的な人材配置について

部署毎に適する宿の例

 以上のことから、宿曜27宿の性格や適職を述べてきたものを、一覧にまとめます。

人材配置の際の参考になさってください。

  • 経理担当

 緻密な作業と会社の血液ともいえるお金を扱う部署には、堅実性や誠実さ、そしてできれば金運を持つ人材が求められる。

  房宿 畢宿 翼宿 角宿 危宿 壁宿 奎宿 胃宿

  • 法務・知的財産、コンプライアンス・監査 

 企業の内部牽制や社会的責任、モラル、そして、大切な「企業のブランドイメージ」を担う重要な役割を担う。

 構成メンバーが持つ知的なデータの集積や各部署との円滑なコミュニケーション、そして適度な倫理秩序判断が求められる。

角宿 昴宿 觜宿 柳宿 井宿 箕宿 奎宿

  • 広報担当 

  売上増大、企業のブランドイメージ、顧客や一般大衆を惹きつける魅力などが求められる。

昴宿 鬼宿 房宿 

  • 秘書 

リーダーの「縁の下の力持ち」になりながら、組織に潤いと安らぎを与え、清濁をいとわず貢献してくれる人材が求められる。

心宿 井宿 軫宿 翼宿 

  • 総務・福利厚生

  社員、従業員などの活動を側面から支え、永く組織に貢献してもらうために存在する部署であるため、堅実で細やかな配慮とともに、行き過ぎる要求があった時には大を得、小を切り捨てる非情さも必要。

 畢宿 井宿 翼宿 房宿 心宿 斗宿 女宿 奎宿 胃宿

  • 人事

 組織内の人間関係、パワーバランスを考慮しつつも、時には、それらに左右されない「絶対公平」の見地が求められる。

 亢宿 婁宿 昴宿 心宿 斗宿

  • 営業 

 日々の売り上げを上げるための攻めの姿勢、円滑な対人関係、粘り強い行動力、社交性が求められる。

 星宿 張宿 鬼宿 底宿 虚宿 房宿 婁宿

  • 企画・開発 

 変化する時代の流れに追従し、あるいは先取りしていくアイディア、発想力、そして柔軟かつ継続的な行動力、感受性などが問われる。

  鬼宿 参宿 底宿 尾宿 箕宿 危宿 壁宿

  • 渉外

 個々の困難事案に負けないタフな人間力、コミュニケーション能力、酸いも甘いも嚙み分けていける人材が必要となる。

  柳宿 女宿 張宿 底宿

  • 海外関係(国内国外勤務を問わず)

  国内というぬるま湯から解き放された、異質な環境への適合力、海外運、そしてしなやかなタフネスさをもつ人材が必要となる。

  軫宿 鬼宿 張宿 翼宿

  • 部署を問わないオールラウンダー

 組織の潤滑油となるべく、器用さ、人望、緻密さや、能力のない人間に仕事をさせる能力など、全人間的能力を持つ人材が重宝される。

  鬼宿 斗宿 虚宿 室宿 婁宿

関連記事一覧

  1. ビジネス宿曜論 グループ5亢宿/底宿/房宿 及びグループ6 …

  2. 宿曜占星術(しゅくようせんせいじゅつ)とは?(相性と宿につい…

  3. 大人しいタイプに対する攻略法

  4. ビジネスにおける宿曜占星術の活用方法について(トライアングル…

  5. 相手との関係が安壊(現状打破)だった場合

  6. 批評家タイプに対する攻略法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧