福山雅治と吹石一恵の間に「別居説」が出た真相について迫ります。

最近、別居説が流れた二人ですが、その関係性について鑑定してみます。

福山雅治(ふくやままさはる) 1969年2月6日生まれ 亢宿

吹石一恵(ふきいしかずえ) 1982年9月28日生まれ 室宿

二人の関係 栄親 遠距離

まさに、最高の夫婦星(めおとぼし)の関係です。

周囲の反対もなく結婚でき、将来にわたって繁栄が続く最高の相性。

しかし、距離が遠いため一緒にいなくても平気でありすれ違いが続くと破綻の危険 がある。

特に、すれ違い中に、刺激的な相手(安壊など)が現れるとアッサリと破綻する危険はある。

福禄寿官印(ふくろくじゅかんいん)の全てを享受できる、宿曜占星術上では理想の関係とされています。

福とは文字通り幸福、禄とは褒美もしくは収入や富、寿とは長寿、官とは地位、印とは名誉を表します。

最近の夫婦関係の傾向として、栄親や命の関係はどちらかというと減っているように思われます。

代わりに成危や安壊、友衰といった刺激に溢れる関係性がよく見られています。

これは、情報化社会や趣味が多様化した現代社会においては、人々が平穏で安泰な関係性では物足りなくなってきているからでしょう。

また、刺激に溢れる関係性においてたとえトラブルが生じたとしても、現代の世の中は一時関係を絶って一人で過ごすこともできます。

また、保険やその他のノウハウ手段が発達しており、無難に解決することもできるようになってきたためと分析します。

そんな中に会って、久しぶりの王道関係である栄親、しかし距離は遠距離の関係です。

亢宿の特徴

前回の投稿の、渋野日向子さんと同じ宿。

その男性版です。 亢宿の人は・・・口数少なく公正だが真面目で融通が利かない人物 普段は無口で内向的に見えても、真面目一徹で強い固定観念を持っています。

強情さは27宿でも一番で、自分の信念を貫くためなら損得抜きで行動できる一途さ が強みです。

目標は高く、陰ながら努力して結果を出すタイプです。 さらに弁舌が巧みで説得力があり、並外れた決断力も備わっているので、大将の器 ではなくてもリーダーになれる素質があります。

公平さを貫くので、特に人事系の管理職に向いています。 しかしながら、公平で大胆な決断ができるということは、思い切りもいいが、あきらめも意外と早いということの裏返しです。

恋愛に関しては冷静に相手が自分にふさわしいか見極めるタイプです。 情熱的な恋愛にはなりにくいのですが、結婚後は堅実な夫となり、家計も安定するでしょう。

福山さんも、これまでのインタビューやテレビ出演からみて、かなりのこだわりやタイプですね。

仕事はもちろん、女性へ求めるものや恋愛結婚観などにたいして強いこだわりがあるようでした。

室宿の特徴  

前回も述べましたが、室宿は概略でいうと自分が一番中心にいるような立ち居振る舞いが見られる人ですが、意外に愛嬌があり、ムードメーカー的なので、そこまで嫌われることはありません。

性格は底抜けに明るく、天真爛漫という言葉がよく似合います。

小さな失敗もものともせず、目標に向かって邁進していきます。

若いころは結構自己中心的な言動で小さなトラブルを起こしますが、世間を知ってきた室宿は根回しや段取りを大切にし始めます。

細かな作業でも苦労をいとわずに拘ってやりとげ、仕事の仕上がりは27宿中でもピカイチのセンスを誇ります。

恋愛に関しては気性が激しく男勝りなところがありますが、異性からみて意外と楽に付き合える相手であり、人気はあるでしょう。

恋愛とは言えない関係から交際がスタートすることも多いようです。 この宿の女性と結婚した男性は出世する確率が高いが、離婚の確率もまた高い。

家庭に入れば内助の功を発揮するが、気が強いのは変わらないため、夫をだめにすることもある。

以上から鑑定するに、そもそも二人は栄親の遠距離ですので、二人で過ごすことであらゆる面で良いことが起こってきますし、経済的にも恵まれることになります。

ただ、現実の栄親関係をつぶさにみてみると、不幸に巻き込まれたり、離婚したりする例も後を絶ちません。

必ずしも、「栄親であれば安泰!」というわけではないようです。

そして、二人の関係が遠距離であることが災いの種になっているようです。

遠距離であるがゆえに、お互いにいつも一緒に暮らすわけではありません。

実際、つい最近福山さんが仕事で別の住居に缶詰め状態になっていたことがありましたが、そこから今回の別居説がまことしやかに囁かれたという経緯があります。

また、結婚後に続いた福山さんの主演ドラマの低視聴率や不法侵入騒動などから、運気を取り戻すために別居したという話もあります。

このように、ちょっとしたことですぐ離れてしまうのが遠距離の特徴です。

が、お互いの努力で困難を乗り越えられるのもまた、 栄親の関係性の素敵なところです。

いまは同居に戻っており、夫婦仲睦まじく暮らしているようです。

このように遠距離は、いつも一緒にいるということにはこだわらない距離感ですので、このように真実と異なる噂が流れてしまったり、お互いに安壊に当たる異性に出会うと、そちらに惹かれて離別という可能性もあり得ます。

従って、基本的には同じ屋根の下に住み続けた方が、破局に至る可能性は減るでしょう。

そして、お互いに程よい距離感で人生を歩んでいける関係性です。

吹石一恵さんが気が強くても、遠距離同士であればさほど福山さんがその悪影響を受けることは少ないでしょう。

従って、この二人は栄親の関係によって、今後とも末永く夫婦として歩んでいくことが出来るのではないかと推察します。

また、遠距離が故に離別を迎えても、また復縁する可能性も高い夫婦関係であると言えるでしょう。

関連記事一覧

  1. 批評家タイプに対する攻略法

  2. 相手との関係が友衰(プライベート関係)だった場合

  3. 「チョレイ!」の張本智和の快進撃はいつまで続くのか?!

  4. ビジネス宿曜論 グループ3 柳宿/星宿/張宿 及び グルー…

  5. 図太いタイプに対する攻略法

  6. 川田裕美はフリーアナウンサーからどのように転身していくのか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧