批評家タイプに対する攻略法

批評家タイプの人間とは、会話の中で頻繁に「ほんと、この会社は待遇悪いよね~」とか、「部長はさ、、、」とか、「頑張ったってもう出世できないし。。。」などといった「現状不満」ともとれる言葉を出したがる傾向がある人の事です。

このタイプは基本的には、何かコンプレックスを抱えており、基本的に「自分に対して自信がない」方です。

このタイプは潜在意識の中で「承認欲求」抱いています。

いろいろな性格の持ち主がいて、エネルギッシュだったり、物静かな感じだったり様々ですので、見た目よりも発言内容に気を配るようにして下さい。

そんなタイプは以下のように攻略します。

方針としては基本的に「共感」する方向で会話を持っていきます。

具体的には、「ほんとそうですよね。〇〇さんと私って考え方似てますね!」といった表現が無難でしょう。

このタイプの人は、「自分が不遇な立場で我慢しながら仕事をこなしている!」という事実を認めてもらいたがっています。

その点を察して、心の底から思っているという表情を出してあげましょう。

このタイプに対しては相手から話を振られたときだけでなく、何気ない会話を持ちかけるふりをして、「そういえば〇〇さんがこの間言ってた部長ですけど・・・」といった具合に積極的にあなたから話を振っていけば喜んでくれます。

ここでも「ギブ&ギブ&テイク」という「基本的な考え方」に忠実に、「2回以上共感しておく」のです。

そうすれば、相手はあなたを「この人は自分の我慢や不満をわかってくれる!」と感じてくれるでしょう。

関連記事一覧

  1. ビジネスにおける「トライアングル(三角)」関係及び具体的な人…

  2. 渋野日向子はプロゴルファーとして大成するのか?!

  3. 相手との関係が安壊(現状打破)だった場合

  4. ビジネス宿曜論について(概論)グループ1昴宿/畢宿/觜宿 及…

  5. 川田裕美はフリーアナウンサーからどのように転身していくのか?…

  6. 優香の結婚は結果的に正解だったのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧