宿曜占星術とその活用の仕方の具体例について

宿曜占星術を使うとなぜ「人間関係がラクになるのか?」について解説します。

改めて、宿曜占星術とは、

インド占星術をベースにした日本の占星術で、月の周期(白道)を27の宿と宿道十二宮に分け、月の状態によって人の性質や吉凶、また、吉凶となる日を占う方法を用いた占星術です。

日本には、かつて鎌倉時代に、弘法大師空海が中国へ渡った際に、日本へ持ち帰ったとされています。

この占星術を「宿曜道」、占星術を行う者を「宿曜(術)師」と呼び、かつては「陰陽道」の「陰陽師」と勢力を二分した占星術です。

戦国時代に、主に合戦の戦術を立てるため、大名の配置を決めるためなどに用いられ、江戸幕府はあまりの的中率を危惧し、幕府安定を図るために、世にこの占星術を禁止したと言われています。それ故に、今日まで密教の僧によって門外不出の占術として受け継がれてきた占いです。

この占いでは、まず生年月日を元に「宿」を特定することで、一人一人の性格や能力を占う事が出来ます。

さらに、自分と相手の「宿」の位置関係を調べることによって導き出される6つの相性と距離感から、自分と特定の人物間の相性を診断する手段としても用いられることが多いです。

以上 日本占い師協会HPより 一部引用

つまり、この宿曜占星術は、これまでの膨大な人間関係を分析し定式化したデータの集大成と言えます。そう、すなわち「膨大な統計データの分析結果」なのです。

皆さんの中には占いというと「なんだか怪しい」と思われませんか?

占い師の霊能力というものは、ハッキリ言ってしまえば、実はなんの根拠もありません。

本当に予知できる霊能力をお持ちの方も見えるのでしょうが、大体の占い師はコールドリーディングや独特の「勘」からのインスピレーションで鑑定をしています。

それよりも、まだ統計的なデータの方がよほど信頼できますし、他者にも同じことが応用できます。

実際のところ、私も自分の関係する人に当てはめれば当てはめるほど、この占星術の的確さ、奥の深さを日々実感しております。

したがって、膨大なデータをもとにしている宿曜占星術は、私としても自信を持って皆さんにオススメできるものです。

具体的な鑑定の手順について

人が誰しも持っている生年月日から、その日が属する月の周期と十二の宮(ぐう)のどれかに属する、全部で27の宿(しゅく・やど)のいずれか一つどれに当てはまるかを特定します。

特定はコチラが信頼出来ます→宿曜秘宝協会ホームページ

これは分かりやすく言うと、月の動きによって一つの日に一つの宿(生まれた時間まで考慮に入れると、ごく稀に、二日に渡って同じ宿がまたがる場合もあります)が規則正しく割り当てられており、人は誰しもその人特有の宿を一つ持つこととなります。

次に、その宿の持つ特性を理解し、自分がそれに当てはまるかを吟味します。この時点で大部分当てはまっていない場合には、生まれた時間によって、ごく稀に一つ隣の宿に当てはまる場合がありますので、念のためそれも検討します。

その宿に自分が当てはまっていることを確認できれば、次に自分が関係性を確認したい特定の人の生年月日から、同じく相手の方の宿を特定します。

以上の宿の特定は、「だいたい当てはまっている」程度のややアバウトなレベルで結構です。また、自分ではそうだと思わなくても、周りの家族や知人友人に聞いてみると客観的な意見がもらえます。

場合によってはその方が参考になることも多いのです。

次に、自分と相手の宿から、二人がどの相性関係(命、業胎、栄親、友衰、成危、安壊の6つのうちどれか一つ)のうちどれに当たるかを特定します。

この6相性は、宿と宿の間でただ一つ決まっており、特に命、業胎以外の相性は、お互いの「距離」もただ一つ定められています。

同じく相性についてもコチラが信頼出来ます→宿曜秘宝協会ホームページ

宿曜占星術では、宿と宿の関係は、命、業胎、栄親、友衰、成危、安壊の六つの相性の「必ずどれか一つ」に特定されます。

~各相性の説明~

命(めい)・・・自分と同じ宿を持つ関係、いわば「同志」と言える関係。考え方がほぼ同じ人物と考えていただければわかりやすいと思います。この関係に距離はありません。

業胎(ぎょうたい)・・・自分と深い縁で結ばれた関係(この関係にも距離はありません)。いわば「パートナー」と言える関係。

栄親(えいしん)・・・関係することで、お互いが栄え、親しみを持って交際できる関係(別名:夫婦星)。いわば「発展し合う」関係。

友衰(ゆうすい)・・・自分とフィーリングがとても合う関係(別名:永遠の恋人星)。言わば「プライベート」では良好な関係。

成危(せいき)・・・性格や価値観が正反対であるが、関わり方によっては大きな成果や成長が見込める関係。いわば「ギブ&テイク」な関係。

安壊(あんかい)・・・お互いにいい意味でも悪い意味でも壊し壊される関係 (大きな現状打破の関係)。言わば「現状打破」の関係。

つまり、あなたと誰かは上記六つの関係性のどれかに必ず当てはまるはずです。

人生における不安や悩みの大半は、そもそも「自分が何者であるかがわからない」とか、誰かとの間の「人間関係」に起因するものではないでしょうか?

「自分がどんな仕事に向いているかわからない」とか、「会社の上司や先輩からこう言われた」、「彼(彼女)の気持ちが分からない・・・」、「親や兄弟とどうしてもソリがあわない」など・・・・・。

この悩みがもし、占星術の知識で的確に解決できたとしたら、今後の人生がとっても生きやすいものになると思いませんか?

また、この占星術の優れたところは、相性関係を的確に分析できるのはもちろんですが、あなたや誰かの宿を特定し、その特徴を分析することで、「自分の子供がちゃんとした仕事に就けない」とか、あなた自身だけでなくお相手のことについても有用な情報が得られるということです。

以下、具体的にどう思考していけばいいのか解説します。

ここで、自分の生年月日から特定した宿が「鬼」宿(きしゅく)だったとします。

鬼宿の人は、「癖がなく、先を読む能力があり、どんな環境にも適用でき、楽観的で明るくコミュニケーション能力が高い。行動は俊敏で一か所にじっとはしていない。海外にも縁がある。過去にあまりとらわれないが、根気や辛抱する環境に置かれるとストレスを感じ、誰かに相談したくなるが、相手がいない場合、我慢できず現状から逃げ出したくなる。恋愛では移り気で多情な性格を持つ。 また家族想いで 人情家でもある。」という特徴を持っています。

この特徴から考えると、鬼宿の人が自分の仕事を選ぶときは、「業種は選ばないが、コミュニケーション能力を生かせる職種が適しており、コンサルタントや営業など」向いていると思われます。また、海外運を生かして貿易や冒険家なども向いています。

次に、相手の宿が「鬼宿」だった場合の対応を考えてみます。

鬼宿の部下を持った時は、「鬼宿を信用して仕事を任せ、自由に行動させ、自分はマネジメントに徹する」という対応がベストだということになります。

また、鬼宿の相手を恋人に持った場合には、「自分以外の異性に目を向けることもあるが、それをとやかく言って縛り付けると簡単に別れ話を切り出される」と心がけていた方がよいでしょう。

しかし、一度結婚して家庭生活を始めれば、それまでとは打って変わって、「家族想いの優しいパートナー」になってくれるということです。

そう、この鬼宿のように、恋愛時と結婚した後では全く別の性格になる宿の人もいます。実際に、このような性格をもつ宿は多いです。

ですから、「付き合っている時は浮気癖があっても、家庭に入れば別人のようになった」という話は枚挙に暇がありませんよね。

この辺を詳しく説明できるのもこの「宿曜占星術」の優れた一面でしょう。

もう一つ例を挙げてみたいと思います。

自分の生年月日から特定した宿が「軫」宿(しんしゅく)だったとします。

軫宿の人の特徴は、「内向的で自分の確固たる世界を持っていますが、人付き合いは悪くなくむしろいい方です。誰とでも合わせられる能力は27宿中ピカイチです。しかしながら、愛情に溢れているのですが、裏腹にいつも控えめで慎重になり過ぎてしまい、石橋をたたき過ぎてチャンスを逃すこともしばしば。」

「他人を押しのけてまで自分を主張することは苦手でむしろ人の役に立つことで喜びを感じるタイプです。控えめですが実は行動は俊敏です。また、芸術性や神秘的なものを好み、一人の静かな時間も大切にします。また、男女問わず女性と関わったり、海外関係に就くことで運が開けていくという要素を持っています。」

以上から、軫宿の人が仕事を選ぶときは、一般の業界であれば、縁の下の力持ちや秘書的な立場に収まる仕事、また、できれば女性相手の業界や組織がベストであり、芸術関係や海外向けの仕事も適職といえるでしょう。

軫宿の人を部下に持った場合には、「積極的に仕事をさせ、リーダーとして扱う」のはタブーです。あくまでもチームの仲間をフォローする立場で仕事をさせるのがベストでしょう。

軫宿の人を恋人に持った場合には、内面の信念についてはそっと包み込んであげること、いちいち詮索しないことがまず肝心でしょう。また、感情表現が乏しいところや批判力が強い点は多めに見てあげましょう。また、慎重な人なので、「答えを急がない」ところも大事なポイントでしょう。

次に、自分が鬼宿であり、相手が軫宿で会った場合の相性関係はどうなるのかを鑑定してみます。

鬼宿vs軫宿  成危(せいき) 中距離

鬼宿(成)←→軫宿(危) という関係性となります。

ここでは、鬼宿がどちらかというと「成」の立場、軫宿がどちらかというと「危」の立場になります。

「成」とは、相手によって、自分の希望ややりたいことが「成就」しやすいということです。

反対に「危」とは、相手にどちらかというと「危険な香り」を感じやすいということです。

もっと具体的に言うと、日常のやりとりにおいて、お互が相手にどのような感情を抱くのでしょうか。

「鬼」→「軫」に抱く感情

「物静かで何を考えているか予測不能。話しかけてもあんまり笑ってくれないし予想した答えが返ってこなくて会話がちぐはぐ。言い方が悪いのかな?嫌われないかちょっと心配だけど、頼んだことはちゃんとやってくれるし、さほど嫌われているわけではないようだ。」

「軫」→「鬼」に抱く感情

「何時も賑やかで楽しそうでいいなあ。誰にでも話しかけてすぐ友達になれるなんて私にはちょっとマネできない。頼まれごとは好きだからやってあげるけど、怒られないか心配。話してて、ちょっとイライラすることもあるし苦手だなあ。」

宿曜占星術を踏まえた上でお互いに抱くべき感情としてはこうなります。

「鬼」→「軫」に抱くべき正しい感情

「感情表現が少ないけど、きっと嫌われてないし、思いやりもある人なんだろうな。これからもいろいろお願いするけど、言い方を考えればいいかな。先頭を切って物事をさせたり、いちいち気持ちとか詮索しないで付き合っていけばきっと助けてくれるだろう。」

「軫」→「鬼」に抱くべき正しい感情

「ちょっと危なっかしいけど、根は素直で優しいんだな。私とタイプが違うだけだから、割り切って頼まれたことをやっていけばいいかな。なんか、この人といると人脈も広がるし、役に立つことも教えてくれるからいいかも。」

成危の関係は、お互い異質で戸惑うことも多いですが、適切な距離感を保ったまま付き合えば、お互いの長所短所を補い合い、抜群のギブ&テイクな関係を作ることができます。

最も大切なのは、TPOによって物事の主導権(イニシアチブ)を自分か相手に柔軟に分け合うことです。つまり、お互いに、自分の得意分野は自分が仕切り、相手の得意分野は相手に任せるということです。

そう考えると、自ずとこの関係は特に「ビジネス」において、有効な相性関係であると言えます。

共に行動に移しだせば、本来は行動力のある二人。物事はトントンと進んでいきます。ただし、鬼宿が「瞬時の判断」を得意とするのに対し、軫宿が「じっくり考えてから判断する」ことを本質とするため、このタイミングのずれに対してお互いに理解と割り切りが必要となってくるでしょう。

また、夫婦関係が比較的ライトなものとなってきた現代においては、この組み合わせの夫婦も多くみられます。

この成危の組み合わせは、友衰や命、業胎のように「心の底の感情的な部分で深く共感できる」ものではありません。むしろ、お互いの違いに対して共感や尊敬の気持ちを抱き、関係が深まっていくという傾向が顕著にみられます。

したがって、この関係性を末永く継続できるかは、運命やご縁といった目に見えないものに頼るのではなく、毎日の中で新鮮さを失わないことや、二人の共通の目的を持ちつづけていること、イニシアチブを分け合うこと、経済的な基盤を安定させることなどが必要となってくるでしょう。

また、二人の間の距離は「中距離」であり、「適度に連絡を取り合っていれば関係性は比較的容易に保たれる」関係です。

これが、遠距離になると、「頻繁に連絡を取り合わないと次第に疎遠になっていく」ことになりますし、近距離であれば、「連絡の頻度は低くてもご縁は続いていく」ということになります。

近距離の関係は、初めから家族や親せき関係である場合に多い組み合わせです。

以上から、宿曜占星術の具体的な活用の仕方を述べました。

この占星術はおよそ2人以上の人間関係が存在するのであれば、家族、ビジネス、恋人、夫婦など「あらゆるケース」に適用できます。

みなさんもこれを機に、自分と誰かの宿を特定し、自分や自分との相性を考察してみることで、この占星術の持つ奥深さを実感していただければと思っています。

まず、「自分というものをじっくりと振り返ってみる」とともに、あなたの周りの人たちを、一人一人について「鑑定」してみましょう。

きっと、「なるほど!」と感じることがたくさんありますよ。そして、これからの対応の仕方や、これまでのやり取りでの理由が分かり、人間関係で大きなストレスを感じることもなくなり、毎日がとってもラクになってきますよ!!

ここで、分かりやすいように全27宿の相性関係相関一覧図を載せますのでご活用下さい(主としてビジネス面から見た相性ですので、プライベートな関係では友衰は〇と考えていただいてよいでしょう)。

◎・・・大変良い組み合わせ(栄親)

〇・・・良い組み合わせ(成危)

△・・・普通の組み合わせ(命・業胎)

×・・・相性が悪い(問題が起こりやすい)組み合わせ(安壊・友衰)

ただし、気を付けていただきたいのは、いくら相性が良くても遠距離である場合には疎遠になったり、離別が起こりやすいです。
また、安壊や友衰でも、距離が遠かったり、気性の優しい宿同士の場合は悪い影響(安壊では破壊作用、友衰では衰に当たる側の運気が落ちる衰退)が出にくい場合もありますので、その点ご留意ください。

関連記事一覧

  1. 優香の結婚は結果的に正解だったのか?

  2. ビジネスにおける人間関係の基本は?

  3. ビジネスにおける宿曜占星術の活用方法について(トライアングル…

  4. 相手との関係が友衰(プライベート関係)だった場合

  5. 福山雅治と吹石一恵の間に「別居説」が出た真相について迫ります…

  6. ビジネス宿曜論 グループ3 柳宿/星宿/張宿 及び グルー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧